薬を飲んでいる男性

クラミジアという病気は、クラミジア・トラコマティスという細菌によって引き起こされる性感染症の一つです。性感染症としては、最もポピュラーなものだとされています。男女の比率にすれば、女性の罹患率が高い病気です。感染後1~3週間の潜伏期間を経て発症します。

女性が感染した場合には、子宮頸管炎が起こります。子宮頸管には神経が通っていないため、この時点で無自覚である場合がほとんどです。症状を放置する第一段階であるといえるでしょう。その後下腹部痛や残尿感、膀胱炎という症状からおりものの増加というように、いつもと違う局部の状態が続くため、婦人科を受診するという人がほとんどです。この時には若干症状が進行している状態ともいえるでしょう。

男性が感染した場合は、ほとんどが無症状ですが、尿道口から白濁した水状の分泌液が出てきたり、局部のかゆみが強くなることがあります。ただし、男性が自覚する症状は男性感染患者の2人に1人と言われているので、こちらも診断を受けた時には進行している状態になる可能性も否めません。

では、男女ともにクラミジアの症状を放置してしまうとどうなるのでしょうか。
女性がクラミジアにかかったままにしておくと子宮頸管の炎症が進み、卵管炎へ派生します。この症状も進むと発熱や下腹部の痛みを伴うことがあります。この炎症状態もそのままにしておくと卵管狭窄などの症状を引き起こし茎捻転などを伴うことも。また骨盤腹膜炎と呼ばれる臓器との癒着や肝周囲炎という症状にまで悪化することもあります。骨盤腹膜炎にまで進行すると、手術を伴うことも予想されます。

男性がクラミジアにかかったままにしておくと、尿道炎の状態から前立腺炎へ移行します。状況によっては精巣上体炎という副睾丸が腫れてしまう病気になります。この状態になると局所の強い痛みや発熱を伴うようになり、救急搬送されることも見られます。抗菌薬で治療をすることがほとんどですが、場合によっては外科的手術で排膿のためのカテーテルを留置する処置を施すことも考えられます。
この通り、クラミジアは自然治癒することはありません。症状を放置することで激痛や発熱を伴う病気に進行するうえ、手術に至ることもあるため、症状が起きたら早い段階で処置をすることが求められます。

早い段階で処置をすることが大切とはいえ、潜伏期間があることと、初期症状が無自覚であるため気づいた時には悪化しているため、不安しか残らないという声もあります。特に同性同士の性交や、複数のセックスパートナーがいる人に不安の声が見られます。こんな時には潜伏期間があることを前提に検査をしてみることをおすすめします。感染したと思われる日から起算して3週間後あたりにクラミジア検査キットを使って検査をすることです。もちろん性病科があるクリニックに依頼して検査をすることでもよいでしょう。個人輸入で購入できる検査キットなら、通院することなく人知れず検査をすることができます。

これで陰性が出ればよいのですが、陽性反応が出た場合に、初めて医師の治療を受けるなど検討することができのではないでしょうか。この時点で治療ができれば、悪化させることなく短期間で菌をなくすことができます。また服薬期間も短くなりますので、体に負担をかけることもありません。

検査キットは、3個セットで取り寄せることが可能です。その時は陰性反応が出ても時間をあけて検査をすると陽性反応が出ることがあります。また、服薬治療後に治癒に至ったかどうかを確認する際も検査キットが役立ちます。複数個まとめて注文をすることで、経過を知ることができるのでとても便利です。安心を手に入れるためには、定期的に検査をすることも一案です。